脳一つ疑似異性で夫妻、家庭人付き合いを円滑にする

現在媒体で浮気伝言とか多いけれど、そんなことしなくてもいいのになあと思ったり始める。
家屋はブライダル5階層瞳でお子さんもいるので、当然のごとくカップルという甘い要因は終わり家族愛情という感じの雰囲気である。
そんな雰囲気になるとお互いにロマンスとしての魅力を感じられなくなりつまみ食いしたりするのかもしれないけれど、自分からすると不安しかないことをなぜやるのか思い付か。
だったら、先に父親・夫人と離れたらいいとおもう。
オタクな自分は現時点放送されている人気ドラマの「止めるは恥だが役立つ」という恋愛系のドラマや漫画、戯画をみたりしてキュンキュンしていると疑似恋愛した感じになり、また次の日から父親を父親として大切に感謝してすごそうと思える。
最近のドラマでは逃げ恥がベストでキャラクターたちの不器用なロマンス設計にパルス、キュンキュンさせてもらっている。
普通に考えたら35年でプロのひとり暮しなんて退くのになぜこういう下ごしらえだとかわいく思えてしまうのか本当に驚異でたまらない。
逃げ恥減退は少し心配が、キュンキュンマガジンは国にあふれているのできっと今後も安泰。