脳内面疑似色恋でアベック、所帯動機を円滑にする

近頃記事で不倫記事とか多いけれど、そんなことしなくてもいいのになあと思ったり始める。
マンションは成婚5世代まぶたで子供もいるので、いつしかカップルという甘い間柄はおわり家庭愛情という感じの雰囲気である。
そんな雰囲気になるとお互いに異性としての魅力を感じられなくなり不貞したりするのかもしれないけれど、自分からすると懸念しかないことをなぜやるのか思い付か。
だったら、先にパパ・母親と離れたらいいとおもう。
失業な自分は現時点プランされている花盛りドラマの「止めるは恥だが役立つ」というロマンス系のドラマや戯画、マンガをみたりしてキュンキュンしていると疑似ロマンスした感じになり、また次の日からパパをパパとして大切に感謝してすごそうと思える。
最近のドラマでは逃げ恥がベストでキャラクターたちの不器用な恋愛パターンに搏動、キュンキュンさせてもらっている。
普通に考えたら35年代でプロの一人暮らしなんて退くのになぜこういう準備だとかわいく思えてしまうのか本当にアンビリーバブルでたまらない。
逃げ恥負けは少し心配が、キュンキュン雑誌は国家にあふれているのできっと今後も無事。