幼児のMUSIC会を見て思った時。我々は親バカだ。

幼稚園の連日になる次男のMusic会がありました。前日のレッスンは、寒さとストレスのせいか、ポイントの上でオシッコをばらすという異変がありました。今日は行きたくない、休みたいと弱音を吐いていた次男でしたが、天候にも恵まれて、爽やかMusic会となりました。
前年のフレッシュとは違い、ひと回り大きくなった子供たちが、力を合わせて大きな声で歌ったり熱演やる格好を見て、目頭が熱くなりました。指揮者の教員を中心に、一人一人が自分たちの役回りを敢然とこなし、本当に成長した格好を見ることができて、親として嬉しかったです。
つい先日産声をあげたわが人が、こんなにも大きくなり頼もしくなったことが、嬉しくもあり、親のポイントから離れたことが少し淋しく感じたMusic会でした。前年末に次男の夫が亡くなり、一緒に幼子の上達を探ることはできなくなりましたが、マミーの僕がしっかりと瞳に焼き付け、そしてフィルムや画像に収め、子供たちが成長した時折、昔の経験として語ろうと思います。
恥ずかしがり屋のわが人ですが、ポイントの上では、誰よりも輝いていました。